スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコのミネラルウォーターについて



原発被災に伴う水道水の放射能問題が取りざたされる中で、

ワンちゃんやネコちゃんにミネラルウォーターを与えている方/与えたいと思っている方が増えていますが、

たくさんの種類がある市販のミネラルウォーターの中から選ぶにあたって、

「ペットの健康」という観点から気を付けるポイントは何でしょう?

飼い主さまにとっては非常に関心が高いことですので、

すでに多くのブログなどで情報が発信されていますが、

「ペットクリニック アニホス」さんのホームページの記事に以下のような記事がありましたのでご参考までに紹介したいと思います。

【以下、記事中のミネラルウォーターに関する内容】

(ミネラルウォーターは)大別すれば「軟水vs.硬水」ということになります。

これはミネラルの含有量により区別されるのですが、

犬や猫と一緒に飲むことを考える場合に気をつけたいのは、

「マグネシウムの含有量」です。 犬や猫では、マグネシウムを多く含む水を長期間摂取することは尿石症との関連性があるため、選ぶならば、「硬水でマグネシウム含有量が低いもの」か「軟水」ということになります。 ------------------------------------------------- →



アニホスさんの記事はこちら:  http://www.anihos.com/trivia/dietetics/entry-1170.html 単に、硬水か軟水か、ではなく、

「マグネシウムの含有量」を見て、選ぶのが良いとのことです。

では、具体的にどの銘柄のミネラルウォーターが当てはまるのでしょう。 これについては

「(株)ナカエ」さんのショッピングサイトに掲載されている、

硬度の高い順に並んだ成分の比較表が見やすいと思いますので、

参考までにリンクをはらせていただきます。

→成分比較表はこちら:http://www.rakuten.ne.jp/gold/nakae/seibunhyou.html

ちなみに、一般的な基準では、硬度によって以下の分類となっています。 

0~100mg/l  =軟水 100~300mg/l=中硬水 300mg/l以上  =硬水、 ただ、ネットで集めた限りでは、硬度の違いによるペットの健康への影響はまだ明確ではない、

硬水を飲んだとしてもペットの体に害を及ぼすには至らない、

などのご意見もあるようです。また、ミネラルウォーターの硬度よりも、気にすべきは、

必要な水分量を接種しているかどうか、というご意見もあり、これはもっともなことだと思います。

しかし、いろいろある中からミネラルウォーター選ぶ際に

、上記のように「マグネシウム含有量」を目安にするというのも、一つの考え方だと思います。




いつも参考にさせていただいている、わんわんかたつむりさんブログより


よければ転載お願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tinkerbell mama

Author:tinkerbell mama
ティンカーベル
2007年3月15日生まれ
女の子 レッド

ティアラ
2007年7月13日生まれ
女の子 レッド

ブログパーツ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。